キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 冬の沖縄、青の洞窟でダイビング : まるっと沖縄のダイビング情報

冬の沖縄、青の洞窟でダイビング

冬の青の洞窟は観光客が少ないために、夏場のように人が歩いて、海の砂が舞って水が濁ることもありませんし、ダイビング中海の中を潜っている人たちが吐いた息の泡で自分の視界が妨げられる心配もありません。

冬の沖縄、青の洞窟でダイビング

シュノーケリングやダイビングと聞くと、南国をイメージして、真夏の空の下で行うものと思いますが、沖縄の青の洞窟は夏だけに限らず一年を通じて楽しむことができます。

実際に沖縄の冬の海は透明度が高くなるそうで、青の洞窟のそばでも海の中の景色がよく見えます。

その理由に、冬は夏と違って水の温度が下がるので水中に浮遊する微生物が少なくなり、海の透明感度が増すそうです。

さらには、冬の沖縄は青の洞窟を見る観光客が少ないために、夏場のように人が歩いて、海の砂が舞って水が濁ることもありませんし、海の中を潜っている人たちが吐いた息の泡で自分の視界が妨げられる心配もありません。

さらに、同じ場所であっても季節によって、見られる生物が違うので、夏場には見かけなかったウミウシやグルクマ、そしてコブシメなどでも冬場なら見れる可能性があります。

冬にダイビングなんて寒くないのかなと思いましたが、調べてみると沖縄の海は冬でも暖かいので、水温は20度くらいあり保温性のあるウェットスーツを着て潜れば風邪をひく心配はないようです。

青の洞窟の近くは、夏場には観光客も多く、たくさんの団体客が来るのでホテルはすぐにいっぱいになってしまい、外食時にどこに行っても人盛りができて、値段も上がります。

しかし、観光客の少ない冬の沖縄では、飛行機のチケットやホテルの宿泊料金などが夏と比べると下がる傾向があるので、気軽な気持ちで沖縄を満喫できます。